竹林伐採は根こそぎ

竹の伐採作業は手が掛ります。通常の木を切り倒す作業とは違い、根っこを完全に取り去らないと、再び茂ることになります。最近では、重機を備えた工事会社が、竹の伐採を請け負うようになりました。作業を確認するために、造園会社とも提携して、完璧な仕事を目指しています。

Readmore

丁寧に伐採してもらう

庭木などの木々が伸び過ぎてしまったら景観を損ねてしまいます。兵庫の会社では、伸び過ぎてしまった木々を丁寧に伐採しながらメンテナンスも行っています。美しい庭を維持するための作業を低価格で行われている兵庫の会社です。

Readmore

防犯のために

手入れを定期的に行なって綺麗な景観づくりをしよう。草刈は専門業者が丁寧に作業を行なってくれます。整えておくことは大切です。

雑草の伸ばしっぱなしは防犯上も良くない。

初夏の頃からぐんぐん伸び始める雑草。人の背丈ほどになるので見通しが悪く、防犯上もあまり良くありません。また、雑草があると蚊の発生も伴いますので、早めに刈り取ってもらうのが良いのです。 大昔の草刈といえば草刈鎌で腰をかがめての辛い作業でしたが、近年はエンジン式で回転刃で刈り取るのが当たり前になりました。これには危険を伴いますので、草刈に慣れている専門業者に依頼するのが定番です。 ただ、エンジンをほぼ全開で回し続けているので騒音がすごいです。このため、夜には出来なく、日中にやるしか無いのが大変なのです。誰でも草刈機のエンジン音にイライラした経験をお持ちかと思います。ですが、作業している当人の辛さも理解してあげて下さい。長袖長ズボンで炎天下の作業は、仕事とは言え、相当大変です。

エンジン式からモーター式へ。

最近はブラシレスモーターとリチウムイオンバッテリーの技術が飛躍的に進歩したおかげで、電動式の草刈機も登場しています。まだエンジン式ほどのパワーと可動時間は実現できていませんが、いずれは追いつき追い越し、完全にエンジン式に取って代わると言われています。 特に振動の少なさが作業者の疲労を減らします。またブレーキ機構付きの物が安全性でエンジン式を大きく上回っています。スイッチを切るとピタッと止まるのです。これは木工用の丸のこなどに搭載されている安全機能ですが、草刈機にも当然の流れで導入されたのです。 この電動草刈機の音はホントに静かですので、夕方や早朝に作業ができます。これで、炎天下で重く煩いエンジン機械を振り回すような重労働から作業員は開放されるのです。